読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さう日和。

ファニーフェイスなオナゴ。ジャニーズ中心生活。

クラスメイトのマツ

高校のクラスにマツがいたら
バカなやつ(笑)
みたいな印象でずっと友達やってると思う。


そんなバカなやつ(笑)
が急に気になりだしちゃう瞬間は

優しくされた時。

言われたくないコンプレックスを
いじられて多少つまらない
気持ちになってプンスコしてる時に
マツがでかい声で


『○○ちゃんがそうなら、
俺はどうなるんだよぉぉ!!!』


みたいな感じで庇ってくれる。

そこから
マツってただのいじられ役じゃないんだ…
周りをすごく見てる人なんだ…

って思うの。


それである日自分からマツに告白する。

でもマツ動揺しまくって


『お、おおお俺なんてもったいないよ!!!』


って光の速さで逃げられる(笑)

でもその後
何度も何度もこっちから告白して

1ヶ月くらい言い続けて、
ある日やっと


『え、本当なの?えっえっ』


って、冗談じゃない私の気持ちに
やっと気づいてくれる。


『え、マジっ。え、嘘。』


ってやっぱり動揺するマツの
あの狭いおでこにチュッてして


『何度も言ってんじゃん(笑)』


って言いたい。

そんで顔真っ赤にしたマツに
手握られて


『絶対泣かせません。幸せにします。』


って言われる。


『プロポーズかよ(笑)』


って笑う私に


『え、あ。そっか違うか。
アレだね早くだね。うん。』


みたいな感じで
早とちりって言いたかったのに
出てこなくて意味わかんない
日本語使ってほしい。


そんな可愛くて甘やかしたい
マツとの恋愛は超ピュア。

なかなか手繋いだりしてくれない

やめないで,PURE

帰り道でテンパりながら
たまによく分からない日本語で
めっちゃ話しかけてくれるマツに
愛しさ込み上げてきて

私から手ギュッて握りたい。

んですごいビックリして
もっとテンパるマツに
もっともっと愛しさ込み上げてきて。

繋いだ手ちょっとグイッて引っ張って
口にチュッてキスしたい。


んで驚愕の表情で口元抑えて
目見開くマツに
してやったり顔で舌出しながら


『やっちゃった(笑)』


って言うの。

したらマツがいきなり抱き締めてきて


『〜〜ッッ可愛いから許す!!!』


って言ってくれる。

マツとはずーっとそんな感じで
柔らかい優しい恋愛して
変な恋の障害もなく、
倦怠期もなく、ケンカもなく、

そのままゴールインしたい。


子供はすごいマツがそのまま
ちっちゃくなった。
ってくらい瓜二つの子が産まれます。

髪の毛の質もマツそのものです。

ただ性格はマツと違って
すごい積極的。

可愛いよ、マツJr.